朝礼ネタ:ブレーンストーミング(BS)法という発想法(例文付き)

スポンサーリンク

朝礼ネタ:ブレーンストーミング(BS)法という発想法

(例文)ブレーンストーミング(BS)法という発想法

スピーチ時間:およそ2分

ブレーンストーミング(BS)法

という言葉は聞いたことがあるでしょうか。

とても有名な発想法の一つです。

1930年代にアメリカの広告会社の社員のアレックス・F・オズボーンが考え出した発想法です。

会議形式で集まり出来るだけたくさんのアイデアを導き出すやり方です。

この発想法には4つのルールがあります。

①他人の発言を否定しない。
②自由奔放な発言・アイデアを歓迎。
③(アイデアの)質よりも量を求める。
④他人のアイデアに便乗する。

というものです。

他人の発言を否定せず、それだったらこんな事も考えられるよね、出来ないと思えることも発言してみよう、とにかく数を出そうといった具合で、発言のハードルが下がることによって多くの人の意見やヒント、気づきが次のアイデアにつながる発想法です。

人は「質の高い(良い)アイデアを出さないといけない」と思うことで逆に精神的にプレッシャーがかかってアイデアが出なくなるものです。

そんな経験を感じたことはありませんか。ブレーンストーミング(BS)法も参考にしてみて下さい。

2022年買ってよかったおすすめアイテム

1位:Nintendo Switch ニンテンドー スイッチ

2位:疲れにくいゲーミングチェア

3位:電動歯ブラシ フィリップス

スポンサーリンク

朝礼ネタ おすすめの本 3選

第1位:朝礼の話材280例

すぐに使える質の高い話のネタが280例掲載されています。

1冊持っている急なスピーチにも対応できるのでお勧めです。

第2位:超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48

人前に出てもあがらずにいるための極意を学べます。

明日から実践できそうなものから練習が必要なものまで様々な方法が紹介されているのでお勧めです。

第3位:元気が出る朝礼 話のネタ帳

雑学を中心にモチベーションが上がるような朝礼ネタが多数あります。

法則
スポンサーリンク
最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集

コメント

タイトルとURLをコピーしました